まぼろしの雲豹をさがして
台湾の絵本 山烋のえほん その他の翻訳絵本

まぼろしの雲豹をさがして

その昔、台湾に長く暮らしたイギリス人がいた。1856年の春、その人、ロバート・スウィンホーは外交官として台湾に赴任した。博物学者でもあったスウィンホーは、台湾の自然や人々の暮らしにとても興味があり、山林を歩き回って、さまざまな生き物を見つけ、研究分類してイギリスに送った。雲豹を探し求め、手に入れたいと願っていたが、それはできなかった……。

台湾の森深くに棲むという雲豹。19世紀半ば、台湾に赴任したイギリス人外交官・ロバート スウィホーと現代の生態学者・姜博仁(ジャン ボーレン)が幻の雲豹を探し求める姿を描いた懐かしさと新しさが共存した台湾絵本のニューウェーブ。絶滅が伝えられているウンピョウを巡る人と自然の150年の物語。

本作は、著者が2年余りをかけてこのテーマを調査し、描かれた動植物の生態や先住民族の文化について、国立台湾博物館の専門スタッフによる検討・監修のうえで制作されました。

その昔、台湾に長く暮らしたイギリス人がいた。1856年の春、その人、ロバート・スウィンホーは外交官として台湾に赴任した。博物学者でもあったスウィンホーは、台湾の自然や人々の暮らしにとても興味があり、山林を歩き回って、さまざまな生き物を見つけ、研究分類してイギリスに送った。雲豹を探し求め、手に入れたいと願っていたが、それはできなかった……。

台湾の森深くに棲むという雲豹。19世紀半ば、台湾に赴任したイギリス人外交官・ロバート スウィホーと現代の生態学者・姜博仁(ジャン ボーレン)が幻の雲豹を探し求める姿を描いた懐かしさと新しさが共存した台湾絵本のニューウェーブ。絶滅が伝えられているウンピョウを巡る人と自然の150年の物語。

本作は、著者が2年余りをかけてこのテーマを調査し、描かれた動植物の生態や先住民族の文化について、国立台湾博物館の専門スタッフによる検討・監修のうえで制作されました。

  • タイトルまぼろしの雲豹をさがして
  • 著者(文)鄒駿昇(ページ ツォウ)
  • 著者(絵)
  • 翻訳東山彰良
  • 定価2200円(税込)
  • 発売元工学図書
  • 発売日2024年6月
  • サイズ27.4×24.6cm
  • ページ数36p
  • ISBNISBN:978-4-7692-0508-1
  • 対象年齢6歳から

著者紹介

鄒駿昇(ページ ツォウ)

台中の豊原出身。イギリスのロイヤル・カレッジ・オブ・アートにて、コミュニケーション・美術・デザイン修士を取得。ワールド・デザイン・キャピタル台北、イタリア・ボローニャ国際絵本原画展台湾館のキュレーターを務め、国際的な評価も高い。ボローニャ国際絵本原画展入選、ボローニャ・ラガッツィ賞審査員特別賞受賞など受賞歴多数。海外の出版社でも多数の絵本を制作している。

著者紹介

東山彰良(ひがしやま あきら)

1968年台湾生まれ。福岡県在住。『流』で第153回直木三十五賞、『罪の終わり』で第11回中央公論文芸賞、『僕が殺した人と僕を殺した人』で織田作之助賞、読売文学賞、渡辺淳一文学賞を受賞。そのほか『どの口が愛を語るんだ』『怪物』など著書多数。猫とお酒をこよなく愛し、ラジオ番組のパーソナリティーも務める。絵本の翻訳は本作が初めて。


  • © 山烋のえほん